名探偵コナン (OVA)」では、漫画『名探偵コナン』を原作とするテレビアニメ『名探偵コナン』のオリジナル・ビデオ・アニメーション(OVA)作品について解説する。

目次

概要[編集 | ソースを編集]

週刊少年サンデーの『名探偵コナン』応募者全員サービスとして、2000年から制作されている。『まじっく快斗』が原作である1作目と4作目、『えくすかりばあ』が原作である12作目を除いて全てオリジナルエピソードである。 アニメ本編とは異なり、キャラクターの日常生活で起こる騒動など殺人事件以外の事件を描いたものが多い。 その年の映画で主人公の江戸川コナン以外のキャラクターも活躍するときは、そのキャラクターがメインとして描かれる。また、2011年はTVアニメ「ホームズの黙示録」シリーズの番外編となっている。2010年までは秋に発売されていたが、2011年は前述の理由で春の発売となり、以降の作品も春に発売されている。2005年まではVHSビデオ、2006年以降はDVDに収録されている。「SECRET FILE」シリーズは、他の非売品のエピソードを数本ずつまとめたものである。 2008年からは映画とリンクする話を収録したDVD「MAGIC FILE」(2007年の「MAGIC FILE」はTVで放送されたものをまとめたもの)、2012年以降は「MAGIC FILE」に代わって「BONUS FILE」が発売されており、その年の映画のスペシャルエディションの特典ディスクに収録されている。「MAGIC FILE」ではそれらにPPV(ペイパービュー)と謎解きゲームが加わった2枚組みディスクとガイドブック、ミステリーカードがセットになっている。一方、「BONUS FILE」ではオリジナルの話が収録されたDVDのみになった(上記の2つもない)が、代わりに特典として上映フィルム、プレゼント応募券が同封された。

応募者全員サービス[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン コナンvsキッドvsヤイバ 宝刀争奪大決戦![編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2000年のOVA作品。『名探偵コナン』初のOVA作品。原作は『まじっく快斗』単行本第3巻に掲載された「刃vs.快斗!」。これにコナンの登場人物を加えたストーリーとして製作された。

『名探偵コナン SECRET FILE Vol.1』(2006年3月24日発売)に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン[編集 | ソースを編集]
まじっく快斗[編集 | ソースを編集]
YAIBA[編集 | ソースを編集]

スタッフ[編集 | ソースを編集]

  • 原作 - 青山剛昌
  • 原案協力 - 都築伸一郎 奥山豊彦 浅井認 高島雅 鈴木翼
  • 脚本 - 古内一成
  • 音楽 - 大野克夫
  • キャラクターデザイン - 須藤昌朋青野厚司
  • 作画監督 - 青野厚司
  • 動画チェック - 戸澤稔
  • 美術監督 - 石垣努
  • 美術設定 - 中庄司悦子
  • 色彩設計 - 平出真弓
  • 色指定 - 手嶋明美
  • 撮影監督 - 野村隆
  • CGアニメーション - 福士享
  • 音響監督 - 小林克良
  • 整音 - 山本寿
  • 音響効果 - 横山正和
  • 編集 - 岡田輝満
  • 編集協力 - 貞末麻哉子
  • 制作担当 - 小林弘明
  • 制作進行 - 中野善仁
  • 文芸担当 - 飯沢洋子
  • 設定制作 - 田中康裕
  • 現像 - 東京現像所
  • プロデューサー - 吉岡昌仁
  • 監督 - 山本泰一郎

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン 16人の容疑者[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2002年のOVA作品。別荘地での小さな事件を巡り、レギュラーキャラクター陣が容疑者となる内輪ミステリー。

『名探偵コナン SECRET FILE Vol.1』に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

スタッフ[編集 | ソースを編集]

  • 原作 - 青山剛昌
  • 原案協力 - 奥山豊彦、三上信一、浅井認、鳥光裕、高島雅
  • 脚本 - 古内一成
  • 演出 - 戸澤稔
  • 音楽 - 大野克夫
  • キャラクターデザイン - 須藤昌朋
  • 作画監督 - 佐々木恵子
  • 動画チェック - 江野沢柚美
  • 美術監督 - 光元博行
  • 美術設定 - 成田偉保
  • 色彩設計 - 平出真弓
  • 色指定 - 中尾総子
  • 撮影監督 - 斎藤秋男
  • 音響監督 - 小林克良
  • 整音 - 山本寿
  • 音響効果 - 横山正和
  • 編集 - 岡田輝満
  • 制作担当 - 小林弘明
  • 制作進行 - 清水英利子
  • 文芸担当 - 飯沢洋子
  • 設定制作 - 田中康裕
  • エグゼクティブプロデューサー - 都築伸一郎
  • プロデューサー - 吉岡昌仁
  • 絵コンテ、監督 - 山本泰一郎

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン コナンと平次と消えた少年[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2003年のOVA作品。本作のエピローグは、劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路』に繋がるように描かれている。

『名探偵コナン SECRET FILE Vol.1』に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン コナンとキッドとクリスタル・マザー[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2004年のOVA作品。

本作は、『まじっく快斗』第4巻に連載された「クリスタル・マザー」を原作に、コナンと蘭を登場させるオリジナルストーリーとして描かれた。なお、キッドが追う謎の組織の一員のスネイクがジャッカルと名前を変えて登場する。ラストは劇場版『名探偵コナン 銀翼の奇術師』に繋がるように描かれている。

『名探偵コナン SECRET FILE Vol.2』(2006年3月24日発売)に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン[編集 | ソースを編集]
まじっく快斗[編集 | ソースを編集]
ゲストキャラクター[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン 標的は小五郎!! 少年探偵団マル秘調査[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2005年のOVA作品。『名探偵コナン SECRET FILE Vol.2』に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン 消えたダイヤを追え! コナン・平次vsキッド![編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2006年のOVA作品。『名探偵コナン SECRET FILE Vol.3』(2008年4月4日発売)に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン 阿笠からの挑戦状! 阿笠vsコナン&少年探偵団[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2007年のOVA作品。『名探偵コナン SECRET FILE Vol.3』に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン 女子高生探偵 鈴木園子の事件簿[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2008年のOVA作品。コナンたちが園子の企画したミステリー劇のトリックを考える異色作。

『名探偵コナン SECRET FILE Vol.4 』(2010年4月9日発売)に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン 10年後の異邦人[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2009年のOVA作品。神谷明演じる毛利小五郎が登場する最後の作品。江戸川コナンのまま10年の経過を想定した世界が舞台。

『名探偵コナン SECRET FILE Vol.4 』に収録。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン KID in TRAP ISLAND[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2010年のOVA作品。怪盗キッドと少年探偵団の交流が描かれる。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン ロンドンからの秘指令[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2011年のOVA作品。原作71・72巻収録(アニメ616 - 621話)「ホームズの黙示録」の外伝エピソード。

OVAシリーズでは珍しくコナンはエピローグだけの登場であり、蘭は未登場(ラストに登場した飛行機に乗っているが画面に映っていない)である。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン えくすかりばあの奇跡[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2012年のOVA作品。原作は『青山剛昌短編集』に掲載された『えくすかりばあ』。これにコナンの登場人物を加えたストーリーとして製作された。

登場人物[編集 | ソースを編集]

MAGIC FILE[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2008年4月19日に発売された作品。

本作は、コナンが新一のときに起きた中学生時代のストーリーで、コナンはナレーションを担当している。また、劇場版『名探偵コナン 戦慄の楽譜』で、蘭の回想シーンに登場する場面が描かれる。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン MAGIC FILE3 新一と蘭・麻雀牌と七夕の思い出[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2009年4月18日に発売された作品。

本作の終盤に、劇場版『名探偵コナン 漆黒の追跡者』の伏線が組み込まれている(『漆黒の追跡者』の前日の話で既に松本清長がアイリッシュと入れ替わっている)。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン MAGIC FILE4 大阪お好み焼きオデッセイ[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2010年4月17日に発売された作品。劇場版『名探偵コナン 天空の難破船』の後日談。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン MAGIC FILE2011 新潟〜東京 おみやげ狂騒曲[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2011年4月16日に発売された作品。劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の後日談。小山力也演じる毛利小五郎が登場する最初のOVA作品。

登場人物[編集 | ソースを編集]

エンディングテーマ[編集 | ソースを編集]

BONUS FILE[編集 | ソースを編集]

名探偵コナン BONUS FILE ファンタジスタの花[編集 | ソースを編集]

概要[編集 | ソースを編集]

2012年4月14日に発売された作品。劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』の後日談。

登場人物[編集 | ソースを編集]

青山剛昌短編集2[編集 | ソースを編集]

夜空に飛び立つ10個の惑星[編集 | ソースを編集]

夜空に飛び立つ10個の惑星」を参照

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。